« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

エジプト報告その⑧

お客様へ

こんにちわ!エジプト紀行もいよいよ終盤です。ピラミッドや神殿などをご紹介しましたが、やはり「エジプト考古学博物館」エジプト文明が凝縮されています。

残念ながら最近撮影が禁止になってしまったので、ご興味のあるかたはこちらをどうぞ。

ツタンカーメンの黄金のマスクと装飾品、黄金の棺は別室になっていて、それはもう黄金ですから、燦然と輝いておりました。

こちらは、黄金の玉座の背もたれに描かれているツタンカーメンとアンケセナーメン。結構有名ですね、

P1070402

サンダルを片方づつ履いていて、仲むつまじいご夫婦。

ツタンカーメンの棺の上にはアンケセナーメンの花束が残っており、これも展示されていました。

本当にこんな遺産が盗掘されずに後世に残ったという事にミラクルを感じます。その他、生活の情景が事細かに描かれていたり、香油や食器などの生活品も展示されていたり、5000年前のエジプト文明の波動に圧倒されましたし、その芸術品の数々のあまりに見事なこと。

そして、ミイラ室には髪の毛まで残っているかなりリアルなミイラたちにお出迎え頂きました。

写真集などを購入して参りましたが、やはり一生に一度は本物に会いに是非お出かけ下さい。(笑)

さて、今日はエジプトのお食事。エジプト料理の代表はこんなトマト系スープ。

P1070307

パンやご飯はこちら。

P1070238

奥はエビの揚げ物でしたが、揚げ物も多いです。

P1070329

こちらはデザート。甘くて一口しか食べれません。

とにかく、「生もの」を食べると即、お腹を壊すといわれていたので、生野菜や生ジュースなども飲めなくて残念でした。

メインの鳩料理は、(写真を撮り忘れたようなのですが、)エジプト人も良く召し上がるとのこと。

P1070309

こちらは、スイスレストランのビーフストロガノフ。奥のスープみたいなものをパンに付けて食べるのが、エジプト風なのだとか。美味しかったです。

ホテル事情は部屋は快適でしたが、冷蔵庫がない!あっても壊れている!(笑)という事で、冷やす系のヒヤロン(?)などは持っていってもムダでした。(笑)

エジプトに行かれる方、ぜひご相談ください。(笑)

それでは、次回はモスク、そしておみやげ物屋さんなどご紹介しますね。

ありがとうございました。

|

エジプト報告その⑦

お客様へ

こんばんわ!

まずはお知らせですが、22日、23日は出張のため、発送が出来ませんので明日21日の夜までに御注文下さいませ。

今日もNHKでエジプト特集がやっていましたね。

P1070438

こちらが、王家の谷にあるツタンカーメンのお墓です。

3600年前、エジプト人の職業は、「墓どろぼう」でした。

そのため、殆どのピラミッドは盗掘され、壁画しか残っておりませんが、ツタンカーメンの墓は、ラムセス2世の墓を作る際、砂をかぶって見つからなかったんです。

P1070437

こちらが、発見の様子。発見された黄金のマスク他は、エジプト考古学博物館に展示されています。

P1070455

このエジプト考古学博物館、帰国する最終日に廻りましたが、王家や神々の生きた時代のエネルギーが満ち溢れていて私にとってエジプトで一番の感動の場所となりました!

エジプト考古学博物館については、また次回!

ありがとうございました。

|

エジプト報告その⑥

お客様へ

こんばんわ!今日は王家の谷のご紹介です。

ルクソールはエジプトの西側で、最も暑い地域。実際47度~50度もありました!日本ではちょっと想像がつかない数値ですが、日に当たる所は、思わず?!蒸発してしまうかと思うほどです。暑い・・という感覚を通り越して、わけがわからない、といった感じでしょうか???(笑)

そんな暑いルクソールでも、明け方は少しは清々しい風が吹きます。

出来るだけ熱くなる前に、観光が始まりました。こんなお祭りみたいな船に乗って、ホテルからバスまでたどり着きます。

P1070432

そしてこちら、「メムノンの巨像」。王家の谷の門のような所でしょうか、ファンタジー映画のようですね・・

P1070433

王家とは、もちろん、王様達のこと。そして谷はお墓。

東から日が昇り、西へ沈む、死後は西へ葬られ、そして天国へ登る。と信じられていました。

そして、こちらがルクソール神殿です。天井が無いのは太陽の神、”ラー神”が降臨するため。日本では天照大御神ですね。

P1070392

見事なレリーフが柱、壁一帯に描かれています。ここは映画”ナイル川殺人事件”の舞台にもなりました。

P1070373

こちらの像、左側の方は足を揃えて手をクロスさせ、鍵のようなものを持っていますね。右側は、左足を前にして、手は下ろしています。

無くなった王は、この鍵「命の鍵」で天国へ旅立つのです。足を前に出している方はまだ生存している王家の方を意味しています。面白いですね。

神殿の迫力や、古代ロマンがこんなに身近に迫ってきて本当に圧倒されました。やっぱり、本物からはエネルギーがバンバン伝わって参ります。

ところで皆様、心も身体も若々しくあり続けるには、食事やデトックス、界面活性剤の入っていない化粧品や日用品はもちろんですが、もっともっと、効果的な方法をご存知でしょうか?

それは・・・

「非日常の体験」です。

古代のロマン、現代社会では考えられないような世界、それは歴史でも未来社会の想像でも、野生のジャングルでも何でもいいんです。

そこに浸る事で、脳も細胞も活性化し、普段は使わないような感性や、エネルギーの受信、刺激。まるで子供のような好奇心。これが若々しい心と身体を作っていきます。

私はそういう意味でも未知の世界にどんどん行って見ようと思っています!エジプトから帰国して、生理もしっかり、排泄量も普段より増えてデトックスも進んでいるような気がします。日常に疲れてしまった時は、ぜひ、無理やりにでもご旅行へお出かけ下さい!

それでは明日は、いよいよ、ツタンカーメンの登場です!

ありがとうございました!

|

エジプト報告その⑤

お客様へ

こんにちわ!日本でも蒸し暑くなって参りましたが、エジプトは立っているだけで滝のように汗が流れます。

ワイルドシルクパウダーローズ&ゼラニウムで保護したフェイスは汗を押させるとさらりとした肌に戻るのですが、それ以外は汗でかゆくなってしまいますね・・時間が有れば全身パウダーケアしたかった位です!

Silkpowder21

抗菌性が高く、汗の季節には特にぴったり。オールシーズン助けられています。次ぎの生産からは少し新しい成分をブレンドしてさらにお肌に嬉しく優しい成分となるよう、研究中です!お楽しみに!

さて、今日はあのラムセス2世のご紹介です。この王様の物語は尽きることが無いでしょうね。。

P1070257_2

ベルトにはラムセス2世の名前があり、左手には王、ファラオの印が握られています。26歳で王座に付き、92歳まで生きて、奥さんは30人とも40人とも言われています。。沢山の建造物を作ったり、勇敢に戦ったり、非常に活躍されました。

この肉体美と均整の取れた、お顔立ち。エジプトのヨン様、と言ったところでしょうか(笑)

P1070253

40人の奥さんの中でも、一番愛していたネフェルタリは、クレオパトラと並ぶエジプト文明3大美女。”最も美しい女性”という意味だそうです。

P1070425

こちらは夜のツアーで行った、ラムセス2世とネフェルタリの仲むつまじい像。裏に廻ると・・・

P1070411

ネフェルタリの手がそっとラムセス2世の肩に。

存在し、愛し合って、天国にも来世にも後世にも伝えたい!そんなメッセージを感じちゃいますね。

それでは明日は、ラムセス2世が葬られた、最も暑い西側ルクソール、「王家の谷」をご紹介しましょう!

ありがとうございました。

|

エジプト報告その④

お客様へ

こんばんわ!昨日はスフィンクスをご紹介しました。

P1070217

近くまで行くとフレンドリーなスフィンクス君でしたが、こうしてみると威風堂々としてカッコイイですねぇ。

さて、本日はパワースポットと評判の「赤のピラミッド」と呼ばれる赤色の石灰岩で作られたピラミッドをご紹介いたします。

P1070241

クフ王の父、メンフィスのピラミッドです。

P1070243

観光スポットとしては穴場で人も少なく、内部も撮影できるとの事で、カメラを持って入ってみました。なんだか、クフ王のピラミッドよりドキドキ!

途中までは、狭い階段を背を低くして入っていかなければならず、足腰が大変な状態でしたが、

P1070248

こちらまでたどり着くと、不思議な雰囲気で、「時間」という概念がなくなったような空間。

そして最後の階段を登ると・・

P1070246

こんな感じになっています。とても狭い階段でしたので、あまりゆっくり出来ず、撮影して引き返してきてしまったのですが、、もう少し斜め上の方・・

その辺りが「気」を感じるパワースポットだったような気がします。

P1070245

こちらが天井。・・・ちなみにこの白いものは水蒸気なのか?良くわかっていません。。

後から聞いた話なのですが、ちょうどその時、階段の一番奥にいたツアーの女性がその場(上記2写真の中間位置)で、そのパワーと通じてしまって?!大泣きされていたと聞きました。敏感な方は通じちゃうんですね!

この時、気温は35度。ピラミッド内は、湿気がありましたので、かなり蒸しました。余り長くいられず、外に出ましたが、外に出たら内部の神秘さがよりリアルに感じられて。。

さぁ、次ぎからかなり濃いメッセージを発生していると思われる、神殿や数々の像をご紹介いたします!

その前に、、

P1070204

ラクダちゃん。大人しいですよー。近づいても微動だにせず、観光客を乗せてゆうゆうと歩いてくれます。

それでは又明日!

ありがとうございました。

|

エジプト報告その③

お客様へ

こんにちわ!初めてのプラミッドで少々興奮ぎみでしたが、そのピラミッドを守るのは・・・

P1070225

そう、スフィンクスです。スフィンクスはギリシャ語で、「空想の生き物」美しい響きですね。

モデルとなったのは、昨日ご紹介したクフ王の息子。命名したのは、アレクサンダー王で、建設当時は色が着いていたそうですが、太陽の光で殆ど色落ちてしまいました。

よーく見ると、頬の辺りにうっすらと頬紅が残っているとのこと。そう言われてよーーく見ないと分かりませんけどね(笑)

スフィンクスの眼の先にあるのは・・・ご存知マクドナルド!そんな感じで、街なみのそんなに遠くない所に忽然と現われるピラミッドとスフィンクスなだけに、目前にすると「オォーッ」と歓声があがります。

P1070229

只今修復中ですが、さすが空想の生き物。しっぽがあります♪

しかも、しっぽの付け根が中心からズレていますよね?!

実は、首から下まで埋まっていたのですが、道に迷ってこの近くで夜を明かした人が夢で「この砂をどけてくれたら王にする」というお告げを受け、人を雇って砂をどかした数日後、王様になったという物語があるとか。

フィジーのアイランドの時のように、写真を見るとまさに隣に立ったその瞬間が蘇ってきます・・、そして、無言のメッセージ、つまり「気」のようなものを感じた瞬間でした。

言葉は無いのですが、言い換えれば・・「良く来たねぇ」みたいな感じでしょうか?!

それは、この時代に生きた方からの愛情のような、「こうして皆んなで来てくれてうれしいよ」、みたいなウキウキ感。私だけでしょうか・・(笑)

クフ王のピラミッドも含めてこの周辺には「ギザの3大ピラミッド」がございます。

P1070196

とにかく、暑くて乾燥していますね。ローズウォーターフレグランスとオーガニックコットンフェイスマスクシートで毎晩化粧水パックしないと、とても持ちません。

Fragrancecotton1_2

特にエジプトに行かなくても(笑)、この季節は必須のローズウォーターフレグランス3本セット、コットンパック付き。

何よりもまずお肌に必要なのは水分です、浸透性が高いフレグランスはコットンパックするとムラなく、お肌に染み込みます。

特に、このオーガニックコットンフェイスマスクシートが優秀で、これでパックすると違う!というご感想を多数頂いております。

陳代謝が高まる夏ですが、逆に肌は夏老化する、という危険な季節でもありますので、紫外線防止と水分補給だけは、お忘れなく!

それでは、また!

明日もエジプト文明のメッセージをお楽しみに!

ありがとうございました。

|

エジプト報告その②

お客様

こんばんわ!今日はたっぷりとピラミッドをご紹介しましょう。

夜明けのナイル川はこんな感じです。

P1070165

こちらでは、”朝霧になると暑くなる”のが一般常識のようです。

カイロは年に4回ほどしか雨は降らず、お隣のルクソールはなんと、5年に1、2回しか降らないのだそう。砂漠地帯ですからね。

地震も無いので建築法なんか無いんでしょうね、町のビルは殆ど「作りかけ」で、お金が出来たら上の階を作る。のも常識だとか。

さて、最初は、「クフ王のピラミッド」5000年前のものですが、20年かけて建てられたと推測されています。

P1070171

ピラミッド建設の目的はズバリ「天国に入るため」。

なので、映画の十戒のような奴隷にムチ打って働かせるようなことはしていないことが分かって来ましたが・・

P1070181

じゃぁどうやって、この7~10トンもある石を積んだの?

石を切り出してナイル川を使って運んだことは分かっているそうなのですが、どうやって積んだかがいまだに不明とのこと。

エジプトの信仰は多神教で、日本と似ていますね。

日本でも手を触れずに岩を動かしたというシャーマンがいたようです。

デジプトでも神官と呼ばれる方の中にシャーマンがいて、石を動かす神に祈って積んだのではないかと言う説もあるんです!

この石が230万個もあるんですから!クレーン車もない当時では、とても人の力だけではムリですね。

神への信仰と天国で復活するという情熱がエジプトの文明遺産を作り出したと言えるでしょう。

P1070179

中くらいの段の辺りに、入り口があり、そこから中へ入りました。

ピラミッド内は撮影禁止なので、写真は撮れませんでしたが、殆どのピラミッドが盗掘されていて入り口も盗掘の跡なんだそうです。

この時は、ただただ、、ついに来てしまった・・とこの迫力に圧倒されていましたが。。

この跡から徐々に、スピリチアルパワーと歴史がリアルに蘇るストーリーが待っていました!

それではまた明日!

ありがとうございました。

|

エジプト報告その①

お客様へ

こんばんわ!昨日、エジプトより帰国いたしました。

お休みの間、頂いたご注文は本日発送いたしました、遅くなり申し訳ございませんでした。

カイロへ到着したのは、ちょうど深夜12:00。それでも空気はムッとしています。

P1070157 

日本では今日梅雨明けで、猛暑日でしたが、この時期のエジプトはかなり暑く、なんと最高気温47度~50度にまで上がりました!

湿気は無いので、日陰はまだいいのですが・・・直射日光は、とても浴びれません。日焼け対策は、ローズオイルエッセンスワイルドシルクパウダーローズ&ゼラニウムはもちろん、100%紫外線カット帽子と、100%紫外線カット日傘をかかえ、万全の対策にて熾烈な日差しの下へ挑みました。

P1070169 ギザのピラミッド

翌日から観光スタートでしたが、いきなりピラミッドです。バスからピラミッドが見えると、ツアーの皆さんは興奮を抑えきれずにシャッターを切りまくっています。

エジプト特集はTVでも何度も見ますし、写真では見慣れていますが、

やはり、本物が放出しているパワーは全く別物。

今回のエジプトで感じたことが全てこの一言に尽きる、のです。

一生に一度はエジプトへ!と言われる理由も納得です。その後の人生に影響を与えてくれること間違いないでしょう。

今日から少しづつ、旅行記をご報告して参りますね。

お楽しみに!

ありがとうございました。

|

明日からお休みです!

お客様へ

オーガニックフォレストは明日よりお休みを頂きます。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、御注文頂いた商品は、14日以降に発送となりますので、どうぞご了承下さいませ。

Ejput_2 エジプト紀行をお楽しみに!

それではまた!

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »